日立 スクリュコンプレッサ
2.エアーが必要な時間を確認
HOME
販売へ戻る
ご提案に戻る
一般的なコンプレッサは周囲温度が40℃以下のところに設置することになっています。40℃以上の環境では異常停止する恐れがあるためです。またコンプレッサ自体も周囲の空気で自身を冷却しますので、密閉された空間に設置する場合は特に室内の換気に配慮し、室温が40℃を超えないようしなければなりません。必要ならば換気扇や排気ダクトを設置します。
他にも粉塵が多い場所や有毒ガスなどが含まれる場所には設置できません。またコンプレッサの騒音値は大きなものになると70dB(A)以上になるものもありますので、設置場所によっては防音対策を施すか、騒音値の小さいパッケージタイプを選定する必要があります。
[選定例]    
エアー使用圧力   0.60 MPa 
エアー使用空気量  1800 L/min
エアーへのオイルの混入  可  
上記条件で日立産機の給油式スクリュコンプレッサを選定した場合は、
吐出し圧力0..69MPa、吐出し空気量2400L/minのエアーコンプレッサ
(モーター出力15kW)となります
5.その他
1日のうちにどれくらいの頻度で運転(使用)するのかを確認します。
連続してエアーを使用するのであれば停止機能は必要ありませんが、ある程度のエアーを使用しない時間帯(10分以上)が見込めるときには、自動停止機能のあるコンプレッサを選定したほうがより省エネになるでしょう。また時間帯によって使用量に大きな変化がある場合には、より省エネ効果が大きい機種を選定したほうがよいでしょう。
COPYRIGHT(C) 株式会社新生エンジニアリング ALL RIGHTS RESERVED
エアーコンプレッサの選定

エアーコンプレッサ購入時の主な選定基準を御説明いたします

3.ランニングコストの確認
1.エアーを使用する機械を確認
4.設置環境の確認
コベルコ スクリュ VX1510AD
使用圧力(MPa)と使用空気量(L/min)を確認します。
またエアーを使用する機械や生産製品にオイルが若干混入したエアーを使用してもよいのか、まったくいけないのかも確認します。
機械の使用圧力、空気量によってコンプレッサの吐出し圧力、吐出し空気量を決定します。エアーを使用する機械が複数台ある場合には、圧力はその中で最も高いもの、空気量は使用量の合計を基準として判断します。その際は計算より若干(2〜3割程度)大きなコンプレッサを選定します。
またエアーの中にオイルの混入不可の場合には、無給油式(オイルフリー)を選択します。

コベルコ スクリュ VX1510AD
(インバータ制御型)

[電気代比較例]   
エアーコンプレッサ75kW×1台を平均空気消費率50%、年6000時間運転の場合の電力費の比較
     
・標準機(吸気調整弁制御)    574万円
 ・インバータ制御機 338万円 (236万円省エネ
*電力費15円/kWhで算出しています。モーター効率は考慮しておりません。
また金額は比較のための概算で数値を保証するものではありません
コンプレッサにかかるランニングコストは電力費とメンテナンス費が主になります。なかでも電力費はその多くをしめます。最も運転効率のよい機種を選定しましょう。コンプレッサの稼動状況にもよりますが、最も省エネになるインバータ制御方式のコンプレッサをお勧めいたします。
またメンテナンス費は同仕様のコンプレッサならば一般的に無給油式(オイルフリー)の方が高くなる
傾向にあります
コンプレッサの付帯設備となる空気槽(レシーバタンク)、アフタークーラー、ドライヤー、エアーラインフィルタ、ドレン処理装置などの必要性の有無、コンプレッサが複数台設置されているのならば自動運転台数制御盤の利用などを考慮する必要があります。
また、エアーの配管径および経路、電気設備の確認も必要となります。