機種選定のポイント

  機械購入を決定する際、どうしてもその機械価格を重視しまいがちですが、いったん購入した機械は少なくとも5〜10年は使用するはずです。
もちろん購入価格は重要ですが、それ以外にもポイントとなることがあります。 
 
         
  使用目的・用途    
    生産する製品にその機械が適しているか?
もし今、同じように使っている機械があってもそれが最適だとはかぎりません。あらためて考えてみることも大切です。
 
         
  仕    様  
    機械の性能があっているか?
最も適した性能の機械を選定しましょう。
性能不足はもちろんのこと、過度に性能オーバーの時でも、機械自体や生産製品に悪影響をおよぼしてしまう可能性があります。
 
         
  使用頻度  
    どれくらい使用するのか?
1日のうち何時間、1週間のうち何日、1ヶ月、1年間〜どれくらいその機械を使用するのかを考えましょう。 
 
         
  ランニングコスト  
    他メーカー、他機種の機械と比較をしたか?
一般的には、購入時のイニシャルコストよりもその後のランニングコスト(動力費、メンテナンス費など)のほうがかかります。できるだけ低く抑えましょう。
 
 
         
  使用環境・使用条件  
  機械を設置する場所がその機械に適しているか?
機械は周囲温度、湿度、粉塵、ガスなどの影響を受けます。環境、条件が合わないとせっかく購入した機械が故障頻発という事態もありえます。
また機械から発生する騒音、振動なども考慮して設置場所を決定しましょう。
 
 
COPYRIGHT(C) 株式会社新生エンジニアリング ALL RIGHTS RESERVED
HOME
それではエアーコンプレッサの選定を例に具体的にご説明いたします。
click
エアーコンプレッサの選定
販    売
各種エアー機器,回転機械の販売を賜っております。 お客様の‘こうしたい’というお気持ちを総合的に具体化してご提案 させていただきます。また販売だけではなく、それに付帯する工事も 施工いたします。 取り扱いメーカー、販売価格などお気軽にお問合せ下さい。