エアードライヤーとは         
    エアーコンプレッサによって圧縮された空気に含まれている水分を取り除いて、乾燥空気を作るための機械です。空気中に水分(ドレン)が多量に含まれたままだとブローエアーに水滴が混ざる、電磁弁やシリンダーがさびるなどのトラブルが発生する恐れがあります。
       
               
  エアードライヤーの種類          
    ・冷凍式
       
    エアーを冷凍機を使用して10℃以下に冷却し、飽和水蒸気量の差によって水分を分離除去しエアーを乾燥させる方式です。エアーコンプレッサ内蔵型や一体型には冷凍式ドライヤーが採用されています。        
               
    ・吸着式         
      エアー中の水分を乾燥剤(シリカゲルなど)に吸着させてエアーを乾燥させる方式です。        
             
               
  仕様による特長        
    各仕様によりメリット・デメリットがあります。        
      ・冷凍式        
        [メリット] 低価格             
        [デメリット]   空気の乾燥度に限度あり(大気圧露点−24℃程度が限度)        
                     
      ・吸着式         
      [メリット] 高乾燥度(大気圧露点−70℃程度が可能)           
        [デメリット] 高価格
         
            水分を吸収した乾燥剤を再利用できる状態にするために乾燥エアーを使用する必要あり。          
                         
                         
               
HOME
COPYRIGHT(C) 株式会社新生エンジニアリング ALL RIGHTS RESERVED