エアーコンプレッサとは         
    空気に圧力をあたえて吐出ゲージ圧力0.1MPa以上の圧縮空気をつくる機械と定義されています。        
             
               
  エアーコンプレッサの種類          
    さまざまな分類方法がありますが、主な分類方法は下記の通りです。        
    圧縮方法による分類        
        レシプロ式,スクリュ式,スクロール式など        
      潤滑方法による分類        
       油潤滑式(油冷式や給油式ともいう),無潤滑式(無給油式やオイルフリー式ともいう)        
      ・冷却方法による分類        
       空冷式,水冷式        
             
      これら各分類を組み合わせることにより、使用方法、目的、コストに応じたエアーコンプレッサがあります
例えば
       
      ・レシプロ−無潤滑−空冷式コンプレッサ        
      ・スクリュ−油潤滑−水冷式コンプレッサ        
      のような仕様のコンプレッサの選択が可能です        
      その他にも運転制御方式や吐出ゲージ圧力の高さ、吐出風量などで分類されます。        
             
               
  仕様による特長        
    各仕様によりメリット・デメリットがあります。        
      ・レシプロ式        
        [メリット] 高吐出圧力 低価格             
        [デメリット] 振動・騒音大 低耐久               
                     
      ・スクリュー式         
      [メリット] 高効率・高耐久            
                       
      ・スクロール式         
        [メリット] 低振動・低騒音            
        [デメリット] 低耐久性          
                         
                         
      ・油潤滑式 (油冷式、給油式)        
        [メリット]   低価格・低メンテンナンスコスト        
        [デメリット]   エアーに油の混入あり         
                         
      ・無潤滑式(無給油式、オイルフリー式)         
        [メリット]   クリーンエアー          
        [デメリット]   高価格・高メンテナンスコスト           
                         
               
  用途        
    圧縮空気の用途はさまざまですが、その利用方法は圧縮空気の持つ噴出力、膨張力を使ったり、空気の補給などを目的に使われます。
設備機械、自動機、物流、建築、医療などあらゆる業種で圧縮空気は使われています。
       
               
               
               
               
HOME
COPYRIGHT(C) 株式会社新生エンジニアリング ALL RIGHTS RESERVED